亜人ちゃんは語りたい 第10話 「デュラハンは時空を超えて」感想

f:id:ririo08:20170312223040j:plain

 

亜人ちゃんは語りたい 10話見ました!
花江くんの相馬先生、マッチしすぎて完璧だったw
まっちーデュラハンの体質、相馬先生の見解が凄かったし、先生2人とまっちーの掛け合いが面白かった!
教頭先生がってことは、鉄男は異動するのか…?

 

https://twitter.com/ririo08/status/840858207987814400

 

神回。

 

ひかりが前回鉄男にキスしたことを他のデミに話したところ、早紀江先生は「いいなぁ」とデロンとなり、まっちーは「わ、私も…」となりました。

まっちーが鉄男にキスできないかとチャレンジしていたところ、うっかり顔を落としそうになり、鉄男に叱られ、凹んでしまいます。

なんやかんやで仲直りしたのですが、鉄男が「他の視点から見た町の見解を聞いてみるか。」と在学していたいた大学に行くことになります。

そこで出会ったのが今回のキーマン 相馬先生(先生なのか?)でした。声は花江くんです。

鉄男曰く「顔の表情が一種類しかない」とのことで、終始この顔をしていました。

登場時も爽やかな顔で手を合わせて座っていたのでこいつ生きてるのかと心配になりましたが、実際動き出したらめちゃくちゃ変態で面白い先生でした。

相馬は物理学を研究している人で、デュラハンの首の部分に当たる【ワームホール】について解明できたら素晴らしいものになる。ということで色々仮説を立てていました。

まっちー曰く、実際に内視鏡で見ても首は存在し、そこにある器官もちゃんと存在していたそうです。

 

そうすると、相馬は「町がクッキーを食べたとしよう。それは口から入り胴体へとテレポートすることになる。この原理が解明されればテレポートや果てには時空を超えることも出来るかもしれない」と何処かを指差しながら語っていました。

ついでに相馬は「もしこの原理が解明されたら、町は自分の首を手に入れることも出来るかも」と言い、鉄男がそれを想像するシーンがあったのですが、それもそれで違うなぁと。

 

町は「私は今まで勉強はクイズのようなものだと思っていた。問題があって答える。でも違うんだ。その先があるんだ。世の中を変えるような何かが。」とこのアニメらしからぬような、このアニメらしいような名言を言いました。

亜人についての研究は倫理的な意味でやりづらい。けど私が研究者ならきっと解明できるんじゃないか。と。

 

なんていうか、町の成長がすごくて、相馬も鉄男もワクワク、私もワクワクでした。

 

この回で教頭先生が数回ちらっと出てきましたが、あの目つきからするに、異動的なものがあるかもしれませんね。次回が楽しみです。

 

 

以下、10話あらすじ

頭と身体が分離している亜人デュラハン。鉄男はその性質に当然興味津々だったが、当の京子もまた自らの身体について知りたいと思っていた。そこで、大学で生物学を専攻していた鉄男は別の見地からもデュラハンについて聞いてみようと、大学時代の学友、相馬に会いに行くことにした。

TVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」公式サイト

 

 

前回の感想はこちら↓

r-thinking.hatenablog.com

 

 

demichan.com

 

追記:1,000文字超えました。久しぶりの長文です。