小林さんちのメイドラゴン #7「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」感想

f:id:ririo08:20170226175516j:plain

 

小林さんちのメイドラゴン 7話見ました!
水着&コミケとかいう謎の2大王道ストーリーでしたね。
今回もいい感じにドラゴン感が出てたのと、コミケに本物が混ざっているっていう設定がメイドラゴンならではって感じで良かった!

 

https://twitter.com/ririo08/status/835408531352268801

 

ぶっちゃけテコ入れ回ですね。

多分、かっこの中身はトールが書いてるんだと思います。うん。

 

前半が海、後半がコミケとそれ系のアニメでは王道な気がする話でした。

ルコアさんは2回補導されていましたが、海は海でも、ドラゴンらしい海の楽しみ方なのがまた他と違って面白かったです。

たとえば、カンナがスイカ割りをやろうと、目をつぶって行くわけですが、スイカの目の前で振り落した瞬間スイカ飛沫が小林さんと翔太くんに飛び散り、スイカは木端微塵に消え去りました。怖っ。

 

後半はコミケに滝谷くんの手伝いをしに行く回でした。

C90でしたが、小林さんが売り子・トールが列整理で手伝っていました。

トールはあんな格好なわけですから、カメラマンが撮影を求めてきたり、夏の暑さでやられたりと、トール的には結構タイヘンだったみたいです。

で、ドラゴン的だったのは、コミケコスプレイヤーの中に本物が混ざっている、というところで、トールも尻尾と羽を出しておきたい!と小林さんにお願いし、コスプレ扱いで出すシーンがありました。そこにも前回書いた「間」があって、それが中々可愛いくて、優しかったです。

 

次回は""ついに""アルマ

8名様に とのことだったので8話と答えましたが、正解だったみたいですねw

 

 

以下、8話あらすじ

海に来た小林さんたち。だが早々、際どすぎる水着のルコアが監視員に連れて行かれてしまう。気を取り直し、日焼け止めを塗りあったり、スイカ割りをしたり、みんなで泳いだり、夏を目いっぱい楽しむ一同。海の次はコミケ!と、オタクたちの戦場へと赴く小林さんとトール。オタクの尋常じゃないオーラにさすがのトールも戦慄。滝谷のサークルの手伝いをしていると、トールは角と翼を生やしたコスプレだと勘違いされ――!?

Episode | TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト

 

 

前回の感想はこちら↓

r-thinking.hatenablog.com

 

 

maidragon.jp