読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらら迷路帖 七占「祝詞と魔女、時々覚悟」感想

Anime Twitter うらら迷路帖

f:id:ririo08:20170225225926j:plain

 

うらら迷路帖 7話見ました!
ノノかわいいなぁ…
髪下ろして伸びてたらつむぎを思い出す…

小梅ちゃんは魔女に憧れててフランスは実在したってのが今回のターニングポイントですかね

 

https://twitter.com/ririo08/status/832778860282335232

 

祝詞を全部覚えろとか、普通に僕は出来ません。

 

てなわけで、祝詞を覚えてテストをする、というところから始まります。

ノノが、祝詞は歌になっているものもある、と言い出し、昔お姉ちゃんが子守唄にしていた歌を歌いだすのですが、それが良かった…

 

後半は小梅が小さい時に出会ったマリとの話でした。

マリは正真正銘の魔女で、西洋のうららとは言われていますが、普通に魔法を操っていたので、あれは魔女です。うん。

中々に美しい魔女でした…いつか小梅は会えるのかな…

次会うときには、世界一のうららになってなさい、とかなり無理難題を吹っかけていましたが、小梅はそういって再開するのを諦めさせているのではと、逆にやる気をだしていました。頑張れ…!

 

 

以下、7話あらすじ

占いの初めに唱える言葉――祝詞を暗記することになった見習いうららの4人。けれど大量にある祝詞を覚えるのは優秀な紺でも厳しいようで、全員が悪戦苦闘してしまいます。十番占なら誰もが通る祝詞暗記の難関を、4人はどうやって乗り越えるのでしょう。
授業で覚えることはまだまだあります。“魔女”は占いや病気治しを行う、いわば西洋のうらら。そんな魔女に、幼いころの小梅は会ったことがあると言います。留学生としてフランスからやってきたマリと過ごした日々の思い出。それは小梅が魔女に憧れ、占いを志すきっかけなのでした。

あらすじ|TBSテレビ:うらら迷路帖 公式ホームページ

 

 

前回の感想はこちら↓

r-thinking.hatenablog.com

 

 

www.tbs.co.jp