亜人ちゃんは語りたい 第6話 「小鳥遊姉妹は争えない」感想

f:id:ririo08:20170215174853j:plain

 

亜人ちゃんは語りたい6話見ました!
鉄男の「たまには語らないのもいいな」がわりと来るセリフで良かったなぁ…
鉄男がどうこうしなくても、亜人ちゃんたちはみんな頑張ってるんだっていうのがひしひしと伝わって来て、それを見て鉄男がどうするのか楽しみだ…!

 

https://twitter.com/ririo08/status/830697897398194176

 

漫画を読んでいると、結構順序が変わっているなぁと感じた今回は、小鳥遊姉妹の家に家庭訪問するという鉄男の回でした。

とあるシーンに、ひかりのストレートヘアーが見れるところがあったのですが、普通に可愛いです。うん。

鉄男の驚いたり、大声を出してしまう時、ちょっと声が裏返るのがシュールで良いのと、早紀江先生の「鉄男は催淫されないから好き」という謎な理論が、亜人ちゃんらしくて好きです。うん。

 

小鳥遊父が町の顔を教室まで運ぶのを鉄男が寝たふりをしながら見ているシーンがあったのですが、小鳥遊父、結構目が細くて、ちょっと怖いんですよね。

亜人ちゃんだからこそないものの、あれは後から暴れだす変態な敵役ですね。間違いない。

 

次回は早紀江先生の過去が垣間見える回です。

若いときからサキュバスの能力なんか持ってたら犯罪者の格好の的ですから、同対処していたのか気になりますね。

あの大男は何者だろうか…

 

 

以下、6話あらすじ

ひまりとの約束どおり、彼女たちの両親と話すために小鳥遊家を訪れる鉄男。ひかりとひまり、名前はひと文字違うだけの双子の姉妹だが、片やバンパイア、片や人間のふたり。口喧嘩は多くとも仲の良い、そんな娘たちを育てた家庭の温かさに触れた鉄男はつい長居をしてしまう。

TVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」公式サイト

 

 

前回の感想はこちら↓

r-thinking.hatenablog.com

 

 

demichan.com