読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この素晴らしい世界に祝福を!2 第五話「この仮面の騎士に隷属を!」感想

Anime Twitter この素晴らしい世界に祝福を!

f:id:ririo08:20170213000624p:plain

 

このすば5話見ました!
一段とララフィーナ(ダグネス)が活躍(恥辱)した回でしたね。
ようやくカズマたちの背負っていた負債が全て無くなり、次はどんな負債が出るのか、楽しみですね!

 

https://twitter.com/ririo08/status/830663554395107328

 

アクアが作り上げてしまった強力な魔法陣のお陰でモンスターが暴れだしていると聴き、仕方なくその魔法陣を消しにきたカズマ御一行です。

ひょんなことから、ダンジョンに潜り込むメンバーはダグネスとカズマの2人になったのですが、魔王軍幹部の1人「バニル」により、ダグネスがバニルに乗っ取られてしまいました。それがサムネです。

 

バニルは、人の不幸や恐怖の感情を糧にして強くなるタイプなのですが、取り憑いた相手がダグネスでもう察しの良い方は分かりますでしょう。

真性のドMなので乗っ取りきれず、なんか一人二役の寸劇をやっているかのような間抜けな絵面になっていました。正直シュールで面白かったです。

バニルが決め台詞を言っているのに、ダグネスが書き換えて意味不明なドM名言集みたいになっていて、すげぇバニルが可哀想になりました。どうせだったらカズマに取り憑きゃ良かったのにな…w

 

最後に借金のかたも裁判の不利益も全部晴れたカズマでしたが、次回はどんな負債を背負うのかとても楽しみですね!

 

 

以下、5話あらすじ

「我輩こそが諸悪の根源にして元凶!
魔王軍の幹部にして、悪魔軍を率いる地獄の公爵、バニルである」

王国検察官のセナが、またもやカズマたちの元に乗りこんできた。街に溢れる怪しげなモンスターの原因が、カズマたちではないかと疑ってきたのだ。思い当たることがないカズマだが、アクアが自信満々に聞き捨てならないことを言い出した!仕方なくセナや街の冒険者たちと共にダンジョンへと向かうカズマたち一行。アクアとめぐみんを待機させ、深部へ潜ったカズマとダクネスが見たものは、せっせと泥人形を作っている怪しい仮面の男だった。
「アレ、どう考えてもこのモンスターたちの主だろ……」
その通り、遭遇したのはまさかの魔王軍の幹部だったのだ。カズマたちの運命は!?

第5話 この仮面の騎士に隷属を!

 

 

前回の感想はこちら↓

r-thinking.hatenablog.com

 

 

konosuba.com